未経験からCADオペレーターに。
モノづくりの楽しさに夢中になる日々です。

K.K.さん

2019年入社 | 中途

機電 / 未経験者 検査装置のCADオペレーター

CADを中心に
責任ある業務を担当

商品に傷や汚れがついてないかを識別する検査機械のメーカーで、CADオペレーターとして設計補助に携わっています。私がつくるのは機械部品の組み立て手順を示した指示図面。1つの機械がたくさんの部品でできているので、各部品の指示図面をチームのメンバーと分担して作成します。
図面作成のほかにも、必要な部品の調達リストの作成や、実際に機械が使用される現場をシミュレーションするための3Dモデルの書き起こしなど、責任のある業務を担当しています。

長く続けられる仕事を
求めて日研エンジニアへ

学生時代にCADに少し触れたことがあった程度で、実務は全くの未経験。前職では歌手のステージ衣装の製作と管理をしていました。ですが勤務時間や休日が不規則なため体力的につらく、将来にわたって安心して働ける環境を探していました。
もともと手を動かすことが好きだったので、モノづくりに携わりたいと思っていました。そこで学生時代にCADに触れて楽しかったことを思い出し、CADを軸とした転職活動を始めました。
日研エンジニアに決めたのは、研修カリキュラムを見てCAD研修がとても充実していると知ったからです。約1〜2ヶ月をかけて、2D・3Dそれぞれの基本操作や課題制作、用語や図面の引き方まで、設計とは何かというイロハをイチから丁寧に教えていただきました。
今は土日休みで平日の残業も少ないので、自分の時間も大切にすることができています。

自分で書いた図面どおりに
製品が完成する感動

配属当初は緊張もありましたが、研修で基礎ができていたのでつまずくことはなく、配属先の方々に教わりながら仕事を覚えていきました。心がけていたのは、自分から積極的に周りに話しかけ、日常のコミュニケーションを通じて信頼関係をつくっていくということです。配属先のみなさんも自社の社員と全く同じように接してくれて、わからないことは気軽に質問や相談できる雰囲気だったので、すぐに打ち解けていくことができました。
この仕事のやりがいは、なんといっても自分が図面を引いた機械の完成品を自分の目で見られることです。画面上と実物では印象も違うので、いつも完成品を見て「おぉ〜〜」と感動しています(笑)。自分が書いたものが実物として出来上がる喜びは、モノづくりならではですね。
今はCADでできることが増えていくのが楽しくて、今後もCADオペレーターとしてさらに成長していきたい。速さや正確さはもちろんですが、私が強く意識しているのは「後工程(組み立て)の方にとってわかりやすい図面をつくる」ということ。小さな部品を何個も配置するときなど、指示図面が見づらくなることがあります。そういうときは拡大図を用意し、細かくてもわかりやすい図面をつくることで、組み立ての方々もスムーズに進められる。仕事は自分だけで完結するものではないという気持ちを常にもっています。

モノづくりを通じて得られる
仕事の楽しさを感じてほしい

全くの異業種や未経験でも「モノづくりが好き」や「今の自分を変えたい」という想いが少しでもある方は、ぜひ日研エンジニアにチャレンジしてほしいです。CADや設計のことを何も知らなくても、研修で基礎をしっかり固め、配属後も仕事を教わりながら安心して働くことができる環境があるし、CADオペレーターや設計エンジニアとして中長期のキャリアをつくっていくこともできます。
どんな業種で何をしたいのかがハッキリ決まっていなくてもいい。私がそうだったように、日々のモノづくりを通じて「この仕事でよかった」と感じることが、日研エンジニアならきっとできると思います。

社員インタビュー一覧へ