経験者はさらなる成長を。
未経験者はしっかりと基礎を。
自分に合ったスタート地点から
描くキャリアパス

IT系エンジニアとして自分の現在地点はどこなのか、自らの市場価値を高めていくにはどうすればいいのか。営業スタッフが定期的にキャリア面談を実施し、一人ひとりの成長と挑戦を後押しするキャリアパスを、共に描いていくことができます。

Case01

第二新卒で
未経験としてIT系エンジニアへ

新卒で飲食系企業に就職するが、モノづくりへの夢を諦めきれず転職を決意。エンジニアサポート職としてヘルプデスクやユーザーサポートで2年間従事した後、念願のIT系エンジニアとして自動車メーカーの社内システムでコーディングを担当。将来は同社のインフラ運用への参画を目指して、日研エンジニアの研修制度を活用して新たな言語習得に励んでいる。

飲食系から、メーカーでコーディング担当として配属、インフラ担当を目指し言語習得中飲食系から、メーカーでコーディング担当として配属、インフラ担当を目指し言語習得中

Case02

システム開発系企業から
キャリアチェンジ

大手Sier企業で勤務するも、手に取れるプロダクトの製造に憧れをもち、キャリアチェンジ。これまでに培ったプログラミングやITスキルを活かし、家電メーカーで製品のアプリケーション開発プロジェクトに参画。その実績をもとに、さまざまなメーカーでアプリ開発を担うことに。現在はIT系の資格取得を目指して勉強し、プロジェクトマネージャーという目標に向けて研鑽の日々。

大手SIerから、PMを目指して資格取得の勉強中大手SIerから、PMを目指して資格取得の勉強中

Case03

横断的なスキルを武器に
さまざまな業種を経験

IT系エンジニアの強みのひとつは、製造業における業種横断的なスキルをもつことができる点にある。自動車メーカーで実績を積んだあとに航空機や医療機器などさまざまな業種のプロジェクトに参画し、業種ごとの特徴や仕事の進め方に精通する。現在はマネージャーとして、異なる業種のプロジェクト管理を複数担当している。

中小企業でシステム開発から、マネージャーとして複数のプロジェクトを管理中小企業でシステム開発から、マネージャーとして複数のプロジェクトを管理

IT系エンジニアについて、
より深く知る

先輩社員の声を聞くENGINEER’S VOICES