ラーメン屋からエンジニアへ。 今の自分を変えたいなら、チャンスは必ず巡ってくる。

K.N.さん

2019年入社 | 中途

機電 / 未経験者 車載用の放熱基盤などの測定

正社員としての待遇とやりがいに、
期待をもって入社

大学を卒業後にラーメン屋で5年ほど勤務しましたが、体力的にハードだったため、ずっと続けられる仕事を求めて転職活動を始めました。派遣と聞くと不安定で勤務内容も厳しいという先入観がありましたが、日研エンジニアは常用型派遣で正社員として待遇もしっかりしており、面接でも実際に働いている方がやりがいや成長を実感できると話されていて、入社する頃には期待のほうがずっと大きかったですね。
入社後、お客様側の事情で異動が重なり5社目になるのですが、そのつど勤務地に配慮していただき、自分が希望した東北エリアの中で対応してくださったので助かりました。

研修で学んだCAD技術が
すぐに現場で活かせた

研修センターで2ヶ月ほど仕事の基礎やCADの操作を学びました。最初の配属先で3 D CADの業務を担当し、学んだことがすぐに活かせたのはエンジニアの第一歩として自信につながりましたね。
現在は自動車、特に水素自動車やEVなど未来の乗り物に欠かせない放熱基板という部品の測定業務に従事しています。加工された金属板が規格に適合しているか、専用の機材を使って0.001 mmの単位まで一枚一枚測定して検品します。実際にモノを手に取って見ることができるので、自分の携わった部品がお客様の手に届き、製品になるという実感が得られる仕事です。誰もが心配りや気遣いをしてくれる温かい職場で、面識のない方でも困ったことがあったらすぐに手を貸してくれるので安心して働けています。

日研エンジニアは、エンジニアと
真剣に向き合ってくれる

これまで私が配属された5社は全て新規のお客様でした。つまり私が配属第一号なので、今後の日研エンジニアの評価を背負う大事な役割だという責任感をいつも感じていました。
未経験の自分にもできることは…と考え、「無遅刻・無欠勤を絶対に守る」「職場の方全員としっかり話す」「自分からハキハキと挨拶をする」を自分に課していました。ありがたいことに今の職場から評価いただき、新たに日研エンジニアからの社員を6名追加していただけました。それが日研エンジニアからの評価にもつながるので、配属先と日研エンジニアの両者から評価が得られることにはとてもやりがいを感じますね。
日研エンジニアは、エンジニア一人ひとりに対して真剣に向き合ってくれる会社です。その人に何ができるのかを考え、適材適所となる配属先を提案してくれる。私が配属先から評価を得ることができたのも、適性のある職場をアサインしてくれたことが大きいと思います。

「今の自分を変えたい」なら
日研エンジニアへ

就活中の方、特に私と同じ中途の方には、いろんな不安があると思います。年齢、キャリア、職場環境、あるいは常用型派遣という働き方に対してなど……。だけど心配はいりません。配属される企業様はみんな「エンジニアに活躍してほしい」という想いをもっており、育成やOJTなどで基礎をちゃんと指導してもらえます。右も左も分からないうちからいきなり無茶振りされることはありませんので、安心して飛び込んできてほしいです。
実直な仕事は信頼関係をつくり、それが次のステップへとつながっていきます。私もまだ今の配属先に来たばかりなので、これから仕事の範囲を広げ、自ら提案し、認められる成果を出せるようになりたい。今の夢は、一人前のエンジニアとして大手メーカーの方々にも活用してもらえる規格やデータを作り出すことです。
物事を始めるのに早い・遅いはありません。意欲や責任感さえあればどんな仕事でもできるし、成果を出せる。チャンスは絶対に巡ってきます。どんな理由でも「今の自分を変えたい」と思っている方であれば、誰だって私は応援したい。日研エンジニアで一人前のエンジニアを目指して一緒に頑張りましょう!と伝えたいですね。

社員インタビュー一覧へ